• 特集
  • トウキョウ食材
  • 買う・食べる
  • 体験する
  • 知る・学ぶ
  • 働く・応援する
  • 東京農業を支える

特集

東京農業webサイトトップ >特集 >クローズアップ >JA東京スマイル管内の公立小中学校287校で全校一斉に小松菜給食を実施

JA東京スマイル管内の公立小中学校287校で全校一斉に小松菜給食を実施

2013/01/11

11月28日、今年もJA東京スマイル管内の足立区・葛飾区・江戸川区の公立小中学校287校で全校一斉に小松菜給食が行われました。

この事業は「JAバンクアグリ・エコサポート基金」を利用し、生産者や教育委員会・学校と連携して行うJA東京スマイルの食農教育活動助成事業です。特産の小松菜11,270束、5,63㌧を全校に無償提供し、約13万人の児童・生徒が小松菜給食を味わいました。「新鮮な小松菜をおいしくたべてもらいたい」「地元の農業や野菜を知ってもらいたい」との願いをこめ、管内56農家で生産した小松菜を青壮年部員や生産者、JA職員が分担し早朝から一斉に配送しました。

学校に小松菜を届ける青壮年部の平野さん(江戸川区立小岩小学校にて)

足立区梅島第二小学校では江川浩さんが招かれ、小松菜の育て方について授業をしまいた。

『小松菜のクリームスパゲティー」や「小松菜ケーキ」など小松菜づくしの給食が用意され、江川さんも児童と一緒に給食を食べました。

文字サイズ変更
小
中
大
  • 細密画ギャラリー