• 特集
  • トウキョウ食材
  • 買う・食べる
  • 体験する
  • 知る・学ぶ
  • 働く・応援する
  • 東京農業を支える

トウキョウ食材

コマツナ

■ コマツナの特徴

いわゆる葉物の野菜ではホウレンソウについでポピュラーになりました。かつては冬、および早春が旬でしたが、現在では品種改良や施設化により周年生産されています。江戸時代、八代将軍吉宗公が小松川の地名から「小松菜」と命名したといわれる伝統野菜です。アブラナ科野菜のなかでは、すじっぽさや辛味・えぐみが少なく、様々な料理に向いています。冬の雑煮に欠かせないばかりか、おひたしや浅漬けにも向いています。コマツナは栽培期間が短く、農薬をあまり使わないのが特徴で、プランター等でも栽培できるため、学校や家庭でも栽培可能である。 コマツナ

 

主に生産される時期
通年

旬である時期
11月~2月

購入できる時期
通年

販売先・問い合わせ先
量販店、直売所等

おいしく食べる方法の例
イチ押しはやはり雑煮、おひたしや浅漬けにも向く、ブナシメジやベーコンと一緒に炒めてもおいしい 

価格
季節変動があるが、一束(350グラム)150円前後

文字サイズ変更
小
中
大
  • 細密画ギャラリー