• 特集
  • トウキョウ食材
  • 買う・食べる
  • 体験する
  • 知る・学ぶ
  • 働く・応援する
  • 東京農業を支える

トウキョウ食材

東京うこっけい

烏骨鶏は江戸時代に中国から渡来したといわれており、愛玩用として飼育されたほか、漢方薬として卵や肉が利用されてきました。この烏骨鶏、年間50個程度しか卵を産みませんでした。青梅畜産センター(旧畜産試験場)では、平成3年より、「東京うこっけい」の研究を進め、年間190個程度まで卵を産むようになりました。最近の研究で、烏骨鶏の卵が、人の細胞の活性化と関係していることがわかってきました。この分野の研究が進むと、東京うこっけいの機能性についても、ますます期待されるようになりそうです。「東京うこっけい」は都内各地で飼育され、直売を中心に卵が販売されています。 東京うこっけい
文字サイズ変更
小
中
大
  • 細密画ギャラリー