• 特集
  • トウキョウ食材
  • 買う・食べる
  • 体験する
  • 知る・学ぶ
  • 働く・応援する
  • 東京農業を支える

トウキョウ食材

東京の茶は、「東京狭山茶」として古くから多摩北西部の特産物として知られており、現在は瑞穂町、青梅市、あきる野市、武蔵村山市及び東大和市で主に生産されております。平成15年における栽培面積及び生産量は172ha、355t(東京農林水産統計年報)です。

甘く濃厚なコク味は狭山茶の特徴で、これは当地の寒い冬と“狭山火入れ”という独特の仕上げ技術により生まれます。
東京狭山茶



主に生産されている時期
1番茶 5月中~下旬、2番茶 6月下~7月上旬

旬である時期
周年

購入できる時期
周年

販売店・問い合わせ先
生産者直売所、東京狭山茶農業協同組合

価格
普通煎茶 500円前後、上煎茶1000~2000円前後、雲上煎茶 2500円前後~

文字サイズ変更
小
中
大
  • 細密画ギャラリー