• 特集
  • トウキョウ食材
  • 買う・食べる
  • 体験する
  • 知る・学ぶ
  • 働く・応援する
  • 東京農業を支える

トウキョウ食材

東京の植木

東京都の植木生産は、江戸時代以降、政治・経済の中心になった江戸に多くの植木が地方から集められたことから、バラエティに富んだ樹種を有する独自の発展を遂げてきました。その後も大消費地を抱えているという利点を最大限に活かし、卓越した育種技術や栽培管理技術、造形仕立技術を有する栽培者が多く現れ、日本の植木生産をリードしてきました。特にケヤキやサクラ、近年ではコニファーやグランドカバープランツ(GCP)で日本有数の産地となっています。
また最近ではヒートアイランド対策やアメニティ効果をねらった屋上緑化や壁面緑化を他地域に先駆けて実践しており、屋上(薄層)緑化に向く樹種や壁面緑化用の長尺ものの苗生産も始まっています。

 

サクラ

サクラ

ケヤキ

ケヤキ

文字サイズ変更
小
中
大
  • 細密画ギャラリー