• 特集
  • トウキョウ食材
  • 買う・食べる
  • 体験する
  • 知る・学ぶ
  • 働く・応援する
  • 東京農業を支える

トウキョウ食材

スイートコーン

■ あきる野市のスイートコーンの特徴

 

あきる野市の五日市街道沿いを中心とした地帯は、都内最大のスイートコーン地帯で、約35haが栽培されています。昭和38年に、たまたま、ある農家がスイートコーンの収穫中、通りがかりの消費者に譲ったことがきっかけで、五日市街道を通る観光客や近隣の消費者を対象に直売が始まりました。更に、新聞やテレビなどで紹介され「トウモロコシ街道」とよばれ、あきる野市の風物となりました。この間、昭和40年には、スイートコーン部会が結成され、よりおいしい大きな房づくり、作付けの拡大を試み、現在では、イエロータイプの強甘味種が中心に栽培されています。
収穫後、糖がでんぷんに変わり、時間とともに食味が落ちるスイートコーン。もぎたての醍醐味を満喫してはいかがですか。
スイートコーン

 

主に生産される時期
6月下旬-8月中旬

旬である時期
7月

購入できる時期
6月下旬-8月中旬

販売店・問い合わせ先
共同直売所(秋川ファーマーズセンター、五日市ファーマーズセンターなど)、庭先、スーパーなど

おいしく食べる方法の例
ゆで

価格
5本入り600円ー750円

文字サイズ変更
小
中
大
  • 細密画ギャラリー