• 特集
  • トウキョウ食材
  • 買う・食べる
  • 体験する
  • 知る・学ぶ
  • 働く・応援する
  • 東京農業を支える

トウキョウ食材

キャベツ

■ キャベツの特徴

野菜としてのキャベツが日本に導入されたのは、明治初年で、葛飾の篤農家が品種改良を重ねました。これが、明治35年「中野甘藍」と名付けられ、全国に広まりました。
現在、東京のキャベツの主要産地は、練馬、西東京です。練馬では、ウイルス病で栽培が困難になった練馬ダイコンに変わるものとして、昭和20年頃より栽培面積が増えました。昭和25年頃からは現在の初夏産・秋冬産の年2作が定着しました。キャベツ産地として名を馳せた東京ですが、現在では、東京都中央卸売市場(平成21年)の市場占有率シェアが6月で約6%、11月で約4%にとどまっています。柔らかいタイプの春系品種としっかりした寒玉系品種とが栽培されています。

キャベツ

主に生産される時期
出荷時期5月上旬-7月上旬、10月中旬-12月下旬

旬である時期
5月下旬-6月下旬、10月下旬-11月下旬

購入できる時期
5月上旬-7月上旬、10月中旬-12月下旬

販売先・問い合わせ先
スーパー、各直売所

おいしく食べる方法の例
千切り、ロールキャベツ、餃子の具




文字サイズ変更
小
中
大
  • 細密画ギャラリー