• 特集
  • トウキョウ食材
  • 買う・食べる
  • 体験する
  • 知る・学ぶ
  • 働く・応援する
  • 東京農業を支える

トウキョウ食材

ダイコン

■ 練馬ダイコンの特徴


江戸時代に選抜されて練馬大根が作出され、享保年間には練馬大根として定着していました。それ以来昭和20年頃まで、練馬はダイコン産地として全国に知れ渡っていました。練馬大根の大長系は首は細く、中央部が太く、下部は細くなって長い大根で、たくあん用として大根の風味よく、歯切れ良く収量も多いので練馬大根の代表として知られています。しかし、練馬大長大根は、あまりにも深く根が張るため、収穫労力がたいへんで、現在では、区の事業や、体験事業などで栽培されている程度で、市場出荷はされていません。 練馬ダイコン

主に生産される時期
8月下旬-11月中旬

旬である時期
11月中旬-12月下旬

購入できる時期
11月下旬-12月下旬

おいしく食べる方法の例
干し大根をたくあんに、煮物、おろし、浅漬け

文字サイズ変更
小
中
大
  • 細密画ギャラリー