• 特集
  • トウキョウ食材
  • 買う・食べる
  • 体験する
  • 知る・学ぶ
  • 働く・応援する
  • 東京農業を支える

トウキョウ食材

シントリナ

しんとりなは、アブラナ科の唐菜(唐人菜)と通称で吸い物に、芯の部分をつみ取って使かっていたことから、(しんとりな)と呼ばれるようになりました。
江戸川、足立、葛飾区で作られていましたが、チンゲン菜が出まわるようになり、年々作付けが減ってきました。
ハウス栽培では、1年間に6回くらい種をまき、夏は35から40日、冬は60日くらいで収穫します。
収穫後は、日持ちしないのが難点で、現在は主に業務用としての利用でしすが、たまにスーパーなどの店頭にも並びます。

しんとりな(芯取り菜)

しんとりな(芯取り菜)

文字サイズ変更
小
中
大
  • 細密画ギャラリー